マイクロエンドコース
 これまでSJCD 研修会では、主に抜髄根管を対象にしたエンド実習コースを10年あまり開催して参りました。失活歯の予知性によっては、抜歯~インプラント治療が主流になりつつあります。しかし、一本の歯牙を保存する必要がある場合、時にはその歯牙を保存するために根管治療が必要で、日常臨床において、多くの時間を費やす必要があるのが再治療~感染根管ではないでしょか。再治療に対して能率化を図ることにお困りの先生を対象に、リトリートメントの実習コースを開催する事になりました。
 テーマを『難症例へのアプローチ 再治療~感染根管処置の能率化への提案』とし、近年開発されたリトリートメント用の器具等を紹介し、実際に実習にて体験して頂き、臨床への応用のきっかけしていただけるコースと考えております。
 
受講費
 308,000円
 
定員
 10名
 
振込先
 みずほ銀行 堂島支店 普通2265086 有限会社エスジェイシーディー研修会 エンドコース
 
研修日程
 
 3月25(土) 26(日)
 1日目 10:00〜19:00
 2日目 10:00〜17:00
研修会場
 白水貿易 大阪支店
 
申し込み先
 大阪SJCD 研修会事務局 ( e-mail : o-sjcd@cameo.plala.or.jp)
 〒530-0003 大阪市北区堂島1-5-17 堂島グランドビル4F
 電話:06-6456-3957 FAX:06-6456-3958
 
コース内容の概略
 (時間の関係上、一部内容の変更が生じる場合があります。ご了承ください。)
 ☆再治療における根管形成・拡大の考え方
 ☆マイクロスコープの基本操作
 ☆MTA,bioceramicsの臨床の効果的使用方法の講義、デモ、実習  (覆髄、パーフォレーションリペア、根管充填等)
 ☆超音波チップを用いた根管口明示、ガッタパーチャ除去の講義、デモ、実習
 ☆外科的歯内療法の適応症の分類および術式
 ☆受講生各一台ずつ、ツッアイス社のマイクロスコープ、超音波チップ等を用いた実習予定しております。
 
 インストラクター
松永 健嗣
 講 師
 1993年 大阪歯科大学卒
 2006年 石川県金沢市開業

 日本歯内療法学会(JEA) 指導医、代議員、臨床研修カリキュラム講師
 大阪SJCDエンドコース、コースディレクター、講師
 大阪SJCDマイクロエンドコース、コースディレクター、講師
 日本顕微鏡歯科学会 評議員
 中部歯内療法学会(旧JEA中部支部)常任理事
吉永 仁
 講 師

 1989年 松本歯科大学卒業
 大阪市開業

 医療法人 康仁会 吉永歯科クリニック理事長
 大阪SJCD監事
 日本歯内療法学会理事・指導医・代議員
 日本歯内療法学会研修委員会委員長
 日本歯内療法学会認定臨床研修会講師
 日本顕微鏡歯科学会認定医・評議員 

                

小林 実
 講 師
1994年大阪歯科大学卒業
2005年 大阪市開業

日本臨床歯科学会 認定医 大阪支部 相談役 
日本歯内療法学会 専門医 代議員
西日本歯内療法学会 理事 
日本顕微鏡学会 評議員

 

山田 國晶
 特別講師
 京都府京都市開業
 C.E.R.I 研修会代表・主幹
 日本歯内療法学会(JEA)専門委・指導医、理事
 東京歯科大学 歯内療法学講座所属 非常勤講師
 朝日大学歯学部 口腔病態医療学講座インプラント学分野所属 非常勤講師
木原 崇博
 
 2011年明海大学卒業

 大阪SJCD会員
 日本歯内療法学会会員